人事部長が抱える人事部の課題④

「人事異動・配置」では、
「各部門の人員希望に沿う配置転換ができていない」
という現実を課題とする声が多かった。
「特定の人物はどの部署でも欲しいといわれるが、
いらないと言われる人のほうが多く配置に苦しむ」(学校)、
「本人の希望に対し、受け入れ側のニーズや問題がありすぎて、
うまく配置できない」(流通・小売)、
「人事配置の基本は適材適所であるが、
適材と考え配置しても人間関係などでうまくいかないケースが多い」など、
本人と受け入れ部署の狭間で悩む人事の苦悩が浮かび上がった。

次に多かった「本人が希望するキャリアパスを踏まえた配置ができない」においては、
「人数が少ないうえに職場がばらばらであり、
かつ業務が専門化されているので交替できない」(IT・通信)、
「部署の社員が硬直化していて、人事異動が機能しにくい」(メーカー系/素材・医薬品他)
といった声が挙がり、組織自体の硬直化や流動性の低さが、
社員のキャリアパスを阻害していることへの危惧が感じられた。

しかし、実際の人事異動や配置で一番苦労するのが、
仕事があまりできない方(期待したパフォーマンスを発揮できない方)たちでしょう。
そもそも個人の能力の問題で仕事ができないのであれば、結局どこへ配置しても同じこと。。。
権利の主張ばかりして、肝心な仕事の義務を果たさない方がどの会社にもいるのではないでしょうか。

解雇をすることにはほとんどの企業が懸念するでしょう。
その場合は、退職をするように促す配置転換を行ってしまう。
実際に事務系の仕事から外回りの営業にしたりといった具合でしょうか。
人事の人からすれば、気が進まない話かもしれませんが、
会社が厳しい時代に生き残っていくことは、容易ではありません。

人事の人はメンタル面において強くなくては生き残っていけないでしょう。

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です