神社とは???

皆さんはお寺と神社ちがいをご存知でしょうか。
見た目の違いとして
「お墓や仏像のある所がお寺で、鳥居のあるのが神社」
という考え方が浸透しています。

今日は神社について記載します。

神社は神道に属しています。
伊勢神宮や明治神宮といった「神宮」の称号のついた建物は、数多くある神社の中でも
特別格式の高い神社なのです。
大社、神宮、神社はいずれも神道に属していて、これら以外の呼称を付けられた神社の大半が
祀られている神様の名前を元にして名前が付けられました。
神道には大勢の神様が居りますので、様々な名前で呼ばれます。
その中でも、特に大規模な神社は神宮や大社と呼ばれます。

神宮・大社と呼ばれる場合は、天皇や皇室祖先神を祀っています。
神社の入口には必ず鳥居がありますが、なぜ鳥居が神社だけに建てられているか
ご存知でしょうか。
ご説明しますと、神社には、神が降りてくる神域があります。
それは、神域に降りた神様と、人が住む世界との区別をすること。
そして、共存する為に鳥居を建てたとされています。

天皇または皇室祖先神は神式で儀式を行います。
他界したら神葬祭を行い、位牌ではなく霊璽を祀り、仏壇ではなく御霊舎に礼拝します。
仏教が四十九日、一年忌で故人を法要する変わりに、神道は10日祭、50日祭、一年祭、十年祭など年祭の神式で故人を祀ります。
外国を起源とするお寺とは違い、神社の起源は日本なのです。
仏教より歴史が長く日本だけの宗教とされている点も大きな違いの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です