参拝作法

本日は神社の参拝作法について紹介したいと思います。

日常の中で神社へ参拝されている方は少ないのではないでしょうか。
正しい作法をすることで、神様も気持ちよく願いを叶えてくれるのではないでしょうか。
むしろお願いごとをするのであれば、きちんと礼節を尽くすべきです。
人に頼みごとをするのも同じですよね。

①参道
神社の入り口に必ずあるのが鳥居です。
可能であれば、神社の一番外側にある「一の鳥居」から順番に通ってください。
ここで気を付けていただきたいのが、中央を通らないことです。
参道の中央は神様の通る道ですので、我々が通る道ではありません。
ついつい何も意識せずに中央を通ってたなんて方のいるのではないでしょうか。
今日から中央を通らないで下さい。
そして、鳥居をくぐる際は、一礼をしましょう。

②手水舎
参拝をする前に本来であれば、精進潔斎や禊をしなくてはいけません。
しかし、なかなかできることではないのも事実です。
代わりに手水舎という場所で身を清めてください。
水があり、柄杓が用意されていますので、以下の手順で清めてください。

1.右手で柄杓を持ち、左手を清めます。
2.左手に持ち替え、右手を清めます。
3.右手に持ち替え、左の手のひらで水を受け、その水で口をすすぎます。
 ※直接柄杓に口をつけないで下さい。
4.すすぎ終わったら再び左手に水をかけて清めます。
5.使った柄杓を元に戻します。
 ※柄の部分に水が伝わるようにしてください。

③参拝
まずは、一礼します。
鈴があれば、鳴らしてください。
これは、神様に自分が来たことを知らせる行為です。
しっかり鳴らしましょう。
次はお賽銭です。
投げ入れるのではなく、静かに入れましょう。
そして、「二礼二拍手一礼」をしてください。
実はこの「二礼二拍手一礼」で参拝しない場所があります。
別の機会に紹介しますのでお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です